能見神明宮 大祭


能見神明宮 大祭

岡崎三大祭りの一つといわれる大祭は、江戸時代からほぼ変わらず受け継がれています。
初日は、「山車のお祓い」から始まり、神明宮境内に格納された8つの山車が各町に向かって出発します。その後、境内の神楽殿で奉納される「乙女の舞」や 「宵祭り・山車揃え」による山車の集結、子どもたちによる練り込みや神前奉納花火が行われます。
2日目の早朝から行われる「御神輿渡御」は、鳳凰のついた御神輿車が先獅子や各町の随行、五色旗、鉾楽人、三種神宝などの行列で、非常に華やか。別の区域では愛らしい「稚児行列」も行われます。
午後より山車の町曳きが開始。各町の山車に備え付けられた舞台で、子ども達が日本舞踊を披露します。
祭りのクライマックス「山車宮入り」では、一斉に提灯に点灯された8台の山車が高張提灯を先頭に各町を回り、迫力満点で神明宮へ向かいます。素晴らしい伝統行事なので、ぜひ一度見に来て下さい。

【イベント概要】
日時:
5月11日(土)10:30〜21:00
5月12日(日)7:30〜21:30
場所:能見神明宮 周辺
参加料:無料
主催:能見神明宮
問合せ:
0564-22-6706
nomi-shinmeiguu.com

<詳細はコチラから>


Home

お店検索

こりんちゃん日記

こりんチャンネル

イベント情報

corin企画